GNIB card

アイルランドでレジデンスとして生活するにはビザが必要です。

わたしは観光ビザでアイルランドに入国しましたが、ここに長期住んだり、働いたりすることは観光ビザではできません。

なので、ここにきて1番にしたことはGNIBカードを申請することでした。

GNIBとは Garda National Immigration Bureau の略で 、このカードを取得すると、アイルランドでの長期滞在(期間が切れたら延長しないといけないんですが)、労働等の権利が持てるわけです。

わたしはこういう風にして取りました。これは配偶者がアイルランド人の場合です。参考までにどうぞ。

 

資料を準備。

  • 婚姻証明書(英文)
  • 自分のパスポート
  • 配偶者のパスポート
  • 同じ住所に住んでる、という証拠資料(銀行、ガス、水道、電気等の明細)

婚姻証明書について:

日本で結婚された方は、英語の婚姻証明書がないと思います。わたしもそうでした。その場合はアイルランドの日本大使館に英訳をお願いしないといけません。(実際には英訳をしてもらうというより、戸籍謄本をもとにして必要な書類を作ってもらうというかんじです)大使館の Consular Section に連絡して必要な資料を聞きましょう。新しくなって変わったりすると思いますが、わたしの時は以下の資料が必要でした。

  •  戸籍謄本又は抄本(3ケ月以内に発行されたもの)
  • パスポートのコピー (夫・妻の二人分)
  • 記入した証明書発給申請書(親切な大使館の人がメールで送ってくれます。)
  • 手数料(わたしのときは10ユーロでした。バンクドラフトかポスタルオーダーのみです。)
  • 宛先を書いたA4サイズの返信用封筒
  • 返信用の切手(わたしのときは5.25ユーロでした)
  • 記入した誓約書(これも大使館からメールでもらっておきます。)

資料が揃ったら、いざ Garda へGO!!!

わたしは、かなりアッサリ取得することができて、ちょっと拍子抜けしてしまいましたが、ビザの問題ってなんせハラハラするので、終わって肩の荷がおりた感じがしました。

そしてタダでした!!!

上記はわたしがやったプロセスですが、今は変更されていることがいくつかあると思います。GNIBカードを申請する方は必ず immigration service に連絡してアップデートされた情報をゲットされることをおすすめします。

Irish Naturalisation and Immigration service

Citizens information

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。